和歌山県田辺市の葬儀・葬式・家族葬みやびの芳養ホールの内覧会

みやび

芳養ホール内覧会

2011年11月25日・26日・27日の3日間、みやび芳養ホールの内覧会を開催致しました。おかげさまで、3日間で1,000名様を超えるお客様にご来場頂きました。当日の様子を、芳養ホールのご紹介を交えてレポート致します。

芳養ホール
芳養ホールのお披露目は、幸先良く最高のお天気です。芳養ホールは国道42号線に面し、約2,400坪の敷地に170台の駐車が可能です。

身体障害者用駐車場
ハートフル専用パーキングも3台分完備しております。


杉若直樹

杉若直樹

ご来賓の方々に、弊社代表の杉若が、無事、芳養ホールのオープンに至りましたことへの御礼を申し上げました。当日、お越し下さいました皆様には、重ねて御礼申し上げます。

出江寛

芳養ホールの建築をご担当いただきました、建築家の出江寛先生より、来賓の皆様に、弊社代表の杉若との出会いと、芳養ホールの建築についてお話いただきました。
竣工に至るまでのご苦労や、現場の職人さんのご苦労、またそれに対してのねぎらいのお言葉、出江先生の芳養ホールへの思いを熱く語っていただきました。

出江寛

芳養ホールの建築をご担当いただいた方々の記念写真です。弊社代表の杉若と建築家の出江寛先生、施工会社の三洋建設株式会社の皆様です。


かわらミュージアム

玄関ホール・喫茶室から見える中庭には、枝垂れ桜の木があり、春には満開の花を咲かせてくれることでしょう。また中庭には「かわらミュージアム」がございます。これは、ご存知の方も多くいらっしゃるかと存じますが、みやび芳養ホールの敷地は、旧芳養小学校の敷地であり、その木造校舎の屋根瓦が敷地の片隅に長らくの間、置かれてありました。今回、地域の皆様の原点である小学校の歴史を何らかの形で、後世に残していきたいとの思いから 芳養小学校の瓦が、建築家の出江寛先生の手によって「かわらミュージアム」としてよみがえりました。



芳養ホールにいらっしゃれば、すぐにお気づきになられるかと存じますが、いたるところに、絵画を展示させていただいております。オープンに際し、本当に多数の貴重な絵画を寄贈いただきました。クールな質感の建物と温かみのある絵画のコントラストは芳養ホールの特長の一つです。

京都府知事賞受賞作品
作者であられる南美恵子様よりご寄贈頂きました。京都府知事賞を受賞された作品です。多目的ホールに展示致しております。

谷本允彦様寄贈品
司法書士の谷本允彦先生よりご寄贈いただきました。


喫茶室

葬儀の前後などに、ご遺族、参列者の皆様がゆっくりと、おくつろぎになられる喫茶室は芳養ホールの特長のひとつです。喫茶室にて、コーヒーを飲まれながらの談話がはずんでいらっしゃる様子です。


天空

4つの式場の祭壇展示を行いました。花祭壇はみやびのこだわりであり、愛らしい生花での爽やかなお見送りを提案しております。お花のもつ愛らしさとやさしさが集う人々の悲しみを癒してくれるであろうとの思いからです。祭壇に近づくと、生花の香りが漂います。


天空
天空

悟空
悟空

家族葬会館
和空

家族葬会館
慈空


懸魚

式場「天空」に備えられた芳養ホールの懸魚(げぎょ)です。懸魚は、火に弱い木造寺院を火災から守るため、水に縁のある魚の形をした飾りを屋根に懸けて火よけのまじないとしたのが始まりと伝えられています。


家族葬会館

各式場に葬儀費用の一例についてのパネル展示を行いました。高品質のサービスを明瞭で、よりお客様にご利用いただきやすい料金で提供させていただくこと。「明瞭で納得の安心価格」はみやびのこだわりです。


次のページを見る 次へ

ページトップへ